happycombi’s diary

株式会社ハッピーコンビの日記です

竹刈りと、どんど焼き

皆さま、こんにちは。

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

先日、ご近所で竹刈りをしてきました。

PTAのお手伝いなのですが、私のような子供の親以外にも、地元の中学生や「おやじの会」という方々もいて、普段あまり交流のない方々と一緒なこともあり、とても楽しい時間となりました。

 

竹はただ刈るだけではなく、来年1月に市の行事で行われるどんど焼きを行うためのやぐらを作ることが目的です。この竹がやぐらの材料となります。私の生まれた新潟でも、子供のころから毎年恒例の行事として、参加することを楽しみにしていた覚えがあります。東京でも同じような経験を子供にさせることができるのは、本当にありがたいなあ、と思います。

 

西東京市伝統文化等継承事業 どんど焼を実施します! 西東京市Web

 

その竹刈りですが、まず直径15センチほどの太さの孟宗竹を根元から切り、それを竹林の外に運び出し、枝葉を取って、筒状に仕上げていきます。これを各自が分担して行うのですが、私は男性ということもあり、一番力を使う竹を切る担当になりました。

 

作業を始めると、時間を忘れて没頭しました。良く切れるのこぎりの歯がジャクジャクと竹を気持ちよく切っていきます。ググーっと倒れる竹の葉がこすれ合うシャーっという爽やかな音。ふわっと竹の良い香りがします。冬晴れの気持ちの良い気候の中、皆で協力しながらおよそ2時間の作業を無事に終えました。

 

汗びっしょりになり、実にすがすがしい気分で家路につきました。こうした行事はずっと次の世代に伝えていきたいものです。行事を支える世代を超えた人の輪、地域の宝をいつまでも。

 

www.hc-arai.jp