happycombi’s diary ハッピー日記

株式会社ハッピーコンビと荒井社会保険労務士事務所の日記です

消費税率引き上げと軽減税率制度(2)

株式会社ハッピーコンビの中村です。

 

前回はコンビニなどのイートインでは、外食扱いの2%を嫌気して、飲食料品8%で購入したにも関わらず、その場で食べる人が出てくるのではないかと書きました。

 

これは、消費者モラルにかかわることですが、それよりも混乱しそうなのが、イートインが満席なので持ち帰りたい、ついては先ほど払った外食扱いの2%を返金してほしいという要求への対処ではないでしょうか。

 

お客さんの言い分はもっともなので、レジが混雑するのは必至でしょう。
大手企業ではそのあたりも想定して、オペレーション見直しをすすめるのでしょう。

 

個人的には、このようなイートインの場合、持ち帰りの袋がいらない、包装の手間が減る、返金の手間回避などの理由で、イートインは実質2%値引きして軽減税率適用時と、同額にするのではないかと踏んでおります。
外食と飲食料品の税率はそのままで、実質的な便乗値下げ?になるのではないか。大手はそれでよいとしても、小規模店な個人店などでは経営に影響が出るので早めに手を打たないといけません。

 

www.hc-arai.jp