happycombi’s diary ハッピー日記

株式会社ハッピーコンビと荒井社会保険労務士事務所の日記です

ゆっくりの価値

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

世の中、なにかと速くなっているのを感じます。

高速鉄道や高速道路の移動の高速化、AIによる作業の効率化とスピード化、共働きで家事も限られた時間でなんでもこなせるように効率的に、教育も習い事も短期間で学べる事が売りになり。

 

情報の洪水もスピードを増して大量に降りかかります。この中を一生懸命に泳がないと、時代に流されてしまう、取り残されてしまう、そんな焦りさえ感じてしまいます。

 

そんなある日、とある駅を出て近くの狭い歩道を歩いていた時、反対から来た人がいたので、しばらく立ち止まって、先に行ってもらうように待っていました。

 

その時は時間に余裕もあったので、スマホを見ながら気長に数名の人々がすれ違うのを待っていました。あえて待つ、ということを選んだわけです。

 

電車に乗るためなのか、その時のすれ違う人たちの急ぎようは半端ない感じでした。

 

でも、すれ違う時の皆さんからの感謝も半端ない感じでした。ただ、ボーッと立っているだけなのに、とても感謝されたわけです。

 

その経験が、なんとなく不思議でもあり、嬉しくもあり、あえて待つこと、急がないことに価値を感じるようになりました。

 

車で出かける時も、とにかく急がないような時間設定にするようにしました。車でも、道も出来るだけ譲ります。

 

そうしてしばらく経ちましたが、自分の気持ちに変化が現れました。視野が広くなった感じがするのです。その上で集中できているような感じ。

 

急な仕事でも、今まではぎゅーっと意識が一点に固定されていた感じがしていたのが、余裕の気持ちが根付いたのか、俯瞰する目線が一緒になった感じがします。

 

そんなわけで、今までと同じ仕事量でも、以前より負担も軽くなったように思えるから不思議です。全体が見渡せると、こんなに気持ちに余裕ができるものかと思いました。

 

 

何もしないで過ごす休暇の過ごし方が人気を集めているそうです。

 

先日、あるフランスのご年配の俳優さんも言っていましたが、何もしない時間という贅沢を味わうことが今の最高の楽しみだと。

 

普段の生活で感じる時間のスピード感は、もはや人の生き物としての感覚からは、何か無理があるのかもしれません。ずっと情報処理をし続けて熱くなりすぎているパソコンみたいな。

 

また、歳を追うごとに速くなる時間の経つスピード感覚は、今後もますます加速するのでしょうか。

 

まだまだやりたいことだらけの自分には、コピーロボットが2体くらいいてくれたら、なんて空想をしてしまいますが、そう思うと、やっぱり時間って本当に貴重だし、人生そのものだなあ、と思うわけです。

 

いつかまとまった時間があったらしたいこと、なんていろいろ考えていますが、そういうことを人生に無理に詰め込まないで、少し捨てていくことで、何もしないゆっくりな時間を作ることも幸せな人生かも、と思った次第です。

 

社長の右腕育成セミナー

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

今月から来月にかけて、弊社の社長の右腕育成セミナーが開催されます。

 

11 月27日水曜日 19時から21時

東久留米市商工会様主催

https://www.e-kuru.jp/news.php?num=414

 

12月12日木曜日 14時から16時

東京商工会議所様主催

https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-96294.html

 

ご参加お待ちしています!

 

 

社長の右腕育成

こんにちは。株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

先月、「小さな会社の「社長の右腕」の育て方 ~会社継続に繋がる未来設計」が出版されました!

 

これは私と、弊社スタッフで社会保険労務士、荒井社会保険労務士事務所所長の荒井真澄との共著なのですが、1年ほどの時間をかけてようやく出版にたどり着きました。

 

出版社の方々やその他応援して下さった皆様のお力添えのおかげでようやく実現できました。皆様、ありがとうございました。

 

この本は、これまで弊社がお手伝いしてきた経営者の右腕育成についてのノウハウをお伝えするものです。

 

トライアンドエラーを繰り返しながら、様々な経営者の方々と喜び、悩み、励ましあいながら進めてきた右腕育成のエッセンスを記しました。ちなみに、小さな会社という規模は、主に個人事業主の方から従業員50名程度の会社を想定しています。

 

こうした右腕育成の仕事は、当初は事業拡大をきっかけとした会社の経営幹部育成のお手伝いから始まったのですが、近年は事業承継をきっかけとして、次世代の経営者育成の視点からのご要望が圧倒的に増えています。

 

気軽に手に取って読みやすいことを重視した内容とページ数になっています。この本は以下のサイトからお買い求めできます。ご興味がございましたら、ぜひご一読ください!

Amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4908229163

■hont

https://honto.jp/netstore/pd-book_29929259.html

楽天ブックス

https://books.rakuten.co.jp/rb/16090525/?l-id=search-c-item-img-01

三省堂書店オンデマンド

https://www.books-sanseido.jp/booksearch/BookSearchDetail.action?shopCode=&areaCode=&shoshiKubun=1&isbn=4-908229-16-3

小さな虫という巨人

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

近年の人口増加で訪れると予想される食糧危機において、虫は貴重な食料源として注目されています。

 

昆虫食については、子供の頃にイナゴや蜂の子を普通に食べていたことを思うと一定の免疫はありますが、まだまだ自分が初級者であることを思い知った出来事を思い出します。

 

以前仕事で昆虫食を研究している方に出会いました。その方は、昆虫の種類や産地にまでこだわって味わっていて、世界の昆虫食を制覇する、と意気込んでおられました。話を聞けば聞くほど、いやはや凄い人がいる、と思ったのですが、こうした方が、将来世界を救うのかもしれません。

 

昆虫ではありませんが、そんな虫絡みで、ついにきたか!というニュースを最近目にしました。

 

おしっこ1滴で線虫によるガン検査ができ、その発見率も85%の確率で特定できるというもので、ついに実用化が2020年の1月に決まったそうです。

 

このサービスを開発したのは、株式会社HIROTSUバイオサイエンスという会社です。

 

生物学者として線虫の嗅覚研究をしてきたこの会社の社長でもある広津崇亮さんが、ある条件下において、線虫が人の尿中からがんの匂いを検知してがんに罹患している人とそうでない人を高精度に嗅ぎ分けることを発見しました。

 

以前、この記事を読んだときにも驚きましたが、ついに実用化かあ!と興奮したわけです。

 

日本人の死亡原因の第一位がガンであることは広く知られていますが、その検査となると様々あるものの、初期のものでは発見率がとても低いこともあり、決定的な対策がない状況でした。

 

ですから、今回の検査はなんとも凄い!これで多くの命が救われるかもしれません。

 

ちなみに、この検査を担う小さな1ミリ程度の線虫は、犬を遥かに超える嗅覚を持つそうで、機械などでも到底かなわないそうです。小さな巨人ですね。

 

以前、アニサキスという線虫にえらい目にあった身としては、線虫と聞くと嫌な気持ちにならざるを得ないのですが、それはそれ、これはこれ。その存在価値を素直に認めます。

 

人類に希望を与える虫の力、今後も目が離せませんね。

 

ヤブガラとの戦い

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

皆さんはヤブガラシという植物をご存知でしょうか?

 

漢字で書くと藪枯らし。そう、藪を枯らしてしまうほどの生命力、成長力のある、お庭LOVEの人にはとても厄介な植物なのです。

 

我が家の小さなお庭にも、彼らは容赦なく襲い掛かります。庭には子供達が植えたぶどうの木やアスパラ、ブルーベリー、トマトなどの平和な民が住まっているのですが、いつのまにかその「ヤブガラ」がその下からスルスルと忍び寄り、侵略し始めます。

 

早めに気づいて処分すれば良いのですが、遅れると葉が増えて日光を遮るので、その下の植物は元気が無くなったり、最悪枯れてしまいます。

 

さらに厄介なのが、根が深くひたすら長いこと。伸びてきた蔓を処分しても、残った根から再び蔓が伸び、侵略再開です。

 

むしろ蔓は引っ張ると簡単にプツッと根から抜けてしまうので、いつまでも根は温存、みたいな。成長力の本拠地はいつまでも元気なまま。チキショー!となるわけです。

 

除草剤を使うという選択肢もあるのですが、身を寄せ合って暮らしている小さな楽園にはできれば除草剤のような劇薬は持ち込みたくないなあと思い、ひたすら手で戦っています。

 

そんなヤブガラさんですが、冬に向かってだんだんと勢力が落ちてきます。葉が枯れた後、春には残った根から新芽が出てくるため、それを目印に一つ一つ根を掘り起こし駆除します。でもこれがちょっとした楽しみになっていたりします。

 

早朝、ヤブガラの新芽を見つけて根を掘り起こし、駆除してニッコリ、みたいな。たくさん根が取れた日は気分も上々、良い気持ちでスタートが切れます。

 

夏が近づくと蚊が出てくるため、彼らの本拠地との戦いは一時休戦です。その間に彼らは急成長するので厄介なのですが、蚊に刺されるのも嫌なので、サクッと蔓を取り除くだけにします。

 

また春が来れば根を取る。これを繰り返したおかげで、かなりヤブガラも減ってきました。それでもしつこく毎年どこかに出てくることに、敵ながらあっぱれ、という気持ちにさえなっています。

 

このままいけば、きっといつかはヤブガラとさよならできる日が来るのでしょう。でも、それはそれで少し寂しいような、人の心は不思議なものですね。

スマホ依存と5G

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

食後にスマホでメールをしていた時、スマホ依存は良くないんだよ、と子供に言われました。

 

どうやらテレビでそんなことを話題にしていたそうで、本人は冗談めかしています。自分がスマホを持てないことへの当て付けもあるようです。

 

もしスマホがなくなったら…私にはもはやそんな生活は無理だと断言できます。今や絶対に日常生活を送るには欠かせないものだからです。むしろ、私は使えるだけ使い倒したい、と思っています。確かにそんな私は、子供から見たら完全なるスマホ依存、に見えるかもしれませんね。

 

ゲームやSNS、動画視聴などに依存し過ぎで、自分の生活に支障が出る、他の人の迷惑になるなど、そういう機能を提供する媒体としてのスマホへの依存は良くないと思います。まあ、世の中なんでもやりすぎはダメなわけで。そう意味では、子供にはNintendo Switch依存にも注意だよ、と突っ込みたくはなりますが。

 

そんなスマホですが、やっぱりとても便利です。メール、電話、調べ物、動画にカメラに各種の決済、スケジュール管理などなど、普段から荷物をあまり持ちたくない私には、本当にありがたいアイテムです。スマホは小さなPCですが、それに加えてさまざまな機能が追加されたり進化していることが便利さの理由の一つですよね。

 

そして忘れてはいけないのが、簡単にインターネットのシステムに繋がることができる技術があること。このインフラがこの便利さを根本で支えています。

 

そういう意味では、この通信システムの高度化が便利さを高めてきたと言えます。

 

そんな通信システムがこれから更に凄いことになりそうです。いわゆる5G回線です。

 

5Gとは、楽天のホームページの説明を借りると、「超高速大容量」「超低遅延」「多数同時接続」を実現する第5世代通信システムのこと。どんなにすごいんだろうか。

 

5Gのすごさはそれだけではなく、IoT、自動運転、ドローン、VR、AR、8Kなど、さまざまなテクノロジーが5Gの出現によって一気にサービス品質を高め、ネットワーク上でつながり、私たちのライフスタイル、ワークスタイルを大きく変えていくそうです。

 

アメリカや韓国では既に5Gのサービスが限られた地域で始まっていて、日本でも今年のラグビーワールドカップで試験的に提供されるそうです。国内では2020年の春から、各社が正式にサービスをスタートする予定です。

 

様々な場面で生活を変えていく可能性を秘めていますが、5G以降のスマホはどうなるのでしょうか。

 

実際にアメリカの5Gスマホの利用状況を聞いてみると、スマホ端末が高いし、特別に欲しいアプリがない、使えるエリアも限られているから、まだ持っている人は少ないとでは、ということです。広がりはこれからみたいですね。

 

アプリを中心として、スマホにどういう新しい価値が提供されるのか。データ通信の速さに対してスマホの進化はどういう方向に向かうのか。そんなもう少し先の未来ですが、ますますスマホ依存が高まりそうな自分がいる事だけは、簡単に予想できそうです。

 

庶民感覚という罠

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

庶民感覚というと、なんとなく良いイメージがあります。

 

実用日本語表現辞典によると、

「一般的な収入を得る市民が、生活を送る上で身に着けている感覚のこと。例えばスーパーに売っている野菜の相場や、公的機関の利用料などを指す。庶民感覚を持たないとされるのは一般的な収入を上回る家庭で育った人々などである。」

とあります。

 

近年、外国からのお客様が多く訪れていますが、そうした外国人向けのサービスでは、事業者のこうした感覚が邪魔になる場合があります。

 

国内のお客様向けのサービスをしてきた飲食店が、こうした外国人観光客向けにランチメニューを作ったのですが、結果はイマイチ。

 

そこで、知り合いの外国出身の方々に話をして、どんなメニューが良いか意見を聞いたところ、今のメニューは安すぎる、見た目が地味、など言いたい放題…でも、貴重なご意見ありがとうございます。

 

その声を元に作ったのが観光客向けスペシャルメニュー!外国人の好きな食材、見た目が豪華な食材を組み合わせて新しくメニューを作りました。原価をかけた分、値段も通常のランチの3倍です。

 

これらをいくつか合わせて、別に外国人向けのメニューとして作成して提供したところ、この我々にはかなりお高いメニューが出るようになりました。

 

あくまでも外国人観光客向けでしたが、今は日本人にも注目を集めており、客単価がグンと伸びました。

 

お店のコンセプトにもよりますが、こうしたお客様を意識した工夫が功を奏する事があります。

 

私たちは普段、一定の決まったお客様と商売をしていますが、それに慣れてしまうと、すぐそばに大きな市場があっても、その方々に合わせないで、今までと同じ内容で商売をしようとしてしまうことがあります。

 

それでうまくいかないと、やっぱりダメだ、と簡単に諦めてしまうのはもったいないなあと。お客様を知り、その方々に合わせた内容にして提供する方が大切です。

 

弊社でも、最近は外国出身経営者のご相談や顧問先が増えています。これを契機に、併設の社労士事務所では英語と中国語のサイトを作成したところ、海外からのご相談も増えています。

 

これから東京オリンピックも控えていますし、海外のお客様、市場に打ち出すことで、中小企業も成長できる余地があるのでは、と思います。