happycombi’s diary ハッピー日記

株式会社ハッピーコンビと荒井社会保険労務士事務所の日記です

お手伝いガチャ

皆様、こんにちは。

株式会社ハッピーコンビの荒井幸之助です。

 

子供のゲーム時間、どう管理していますか?

 

我が家も例外なく、時間さえあればゲームばかり。一応ゲームで遊べる時間は決めていますが、守ったり守らなかったりで、攻防戦が続きます。

 

敵(ゲーム)に勝つには、まずは敵を知るべし、と思い、よく遊ぶゲームアプリなどを観察してみました。すると、ゲームには「ガチャ」なるものがあり、それを引いてレアなアイテムを手に入れることが大きな楽しみになっているようです。いわゆる、ちまたにあるガチャガチャの仕組みで、何が出るかお楽しみ、というものです。

 

ゲームでない方向に持っていきたいのですが、今はまず無理だと思い、ゲームをするためにお手伝いをしてもらおうと考えました。

 

それがお手伝いとガチャを組み合わせた「お手伝いガチャ」です。

 

仕組みは簡単です。お手伝いをすると、リアルガチャができて、レアな何かが当たるかも、というものです。ゲームに惹きつけるその楽しい仕組みを取り入れてみました。

 

このレアな何かが大切ですが、とりあえず、ゲーム1時間権、100円が当たりで、残念賞は10円、1円、としました。

 

コーンフレークの空き箱の上に、四角く穴を開けます。その中に、丸めた色紙を4色入れます。あとはそれを振って出すだけ。最初に出た色で決めます。

 

次にお手伝いです。玄関掃除、お風呂掃除、ご飯のセット、などなどの頑張ればできそうなお手伝いを用意して、その都度、細かくやり方を教えます。手抜きや不備があればやり直しです。

 

子供達にお手伝いガチャのことを話すと、ものすごいやる気です!これは良い!いつもは嫌々ながら、ダラダラしているお手伝いも、人が変わったかのように集中して取り組んでいます。

 

そしてご褒美のガチャ。ゲーム権や100円はもちろん大喜びですが、1円が出ても、残念そうでも楽しそうです。

 

今は、家事のほとんどをこのガチャでお願いしています。共働きの我々も助かるし、子供達も様々なお手伝いを覚えながら楽しんでいます。

 

お手伝いガチャを始めて、かれこれ数ヶ月経つのですが、今後もお手伝いレベルを上げていくつもりです。さて、いつまで続けてくれるのやら。